世界では物騒な案件の通知が勃発している際の俺なりの行動の仕方

上海の飛行場で手製爆弾による爆発が起きたそうです。
4人が負傷して医院に運ばれ、仲間首に重傷を負ったダディーは自殺を図ったとのことです。
また、アメルカのフロリダで狙い撃ち異変が発生して50人が亡くなったそうです。
業者はナイトクラブで不審者のダディーが人出来を取って店内に閉じこもり、警察官との狙い撃ち戦の末日、死亡したとの職場。
米国で起きた一度の狙い撃ち異変としては実績最悪のマイナスになったそうです。
海外で置きた残虐な異変の知らせなどを聞いて、対岸の火事と思ってはいけないといつも思います。
全国はとかくテロなどへの五感が薄く、全国は平和なのであんな異変は起きないだろうと少なからず思っている人が多いと思います。
全国は銃社会ではないですが、最近では暴力団同士の抗争や、テロの標的に受ける可性も大です。
想定外のことが生ずる世のの場合だ。自分が異変に陥るかもしれないという意識を持って連日生活することは難しいです。
異変に陥る可性が起こるということは念頭においておかなければいけないのではないかと思います。
日本でもラグビーのW杯や五輪など大きな催し物もあります。
過日行われたサミットもかなりプロテクトは厳しく行われていたようです。
テロで自分が命を落とすのも不満ですが、家族を亡くすのも不満だ。
そんなことばかり考えていたら眠れなくなりそうです。平和な早朝が来るのは何時になるのでしょうか。